〜Fresh greenの日記帳〜

音楽の事や旅行の事,ファッションの事,グルメの事など、マイペースに・ありのままに綴っています♪

L'inizio della storia

私の通っていた高校は

カトリック系で,長崎の大司教区が母体の

女子校でした。


その母校の歴史の始まりが

長崎の原爆から、でした。

 

 

昭和22年

原爆により荒廃した長崎の復興のため

物心両面にわたり尽力されていた

カトリック長崎教区長山口大司教

ローマ時代の親友であり

当時オーストラリアの教会の最高権威者であった

ギルロイ枢機卿に援助を求められた。

この要請に応えるため

昭和23年11月16日

シドニーに本部をもつ「善きサマリア人修道会」の

6名のシスター達が来日し

3カ年間、長崎市において日本語の勉強のかたわら

被爆者のための診療所を開き奉仕した。

 

その間、他の2名のシスターも来日。


その後

大司教の要望により

カトリック精神に基づく教育機関のなかった

佐世保市に高等学校を創立する計画がすすめられた。

 

当時佐世保市においては

昭和12年4月30日に

財団法人済美学園女学校として設立された

済美学園」が

大戦中空襲による被害にあい

校舎の焼失等の困難に遭遇していた。


昭和26年7月

済美学園

教会関係者及び善きサマリア人修道会の間に

合意が成立し

済美学園」は修道会にその所有財産である土地を任せ

県知事の認可を得て新しい学校の創設のはこびとなった。


という。


長崎の原爆からの復興の為に創られた学校です。