〜桜咲く日記帳〜

音楽の事や旅行の事,ファッションの事,グルメの事など、マイペースに・ありのままに綴っています♪

Storia dei sogni(2022・6)

f:id:musetta-610:20220519232849j:image

 

夢の中での2022年6月の世の中の動き


デンマーク女王成婚55周年記念


ローマ法王,海外の王室や皇室

海外の首相や大統領etc…来日


③沖縄の地上戦の戦没者追悼

 

 

(毎月恒例)

 

④2024年へ延期になった東京五輪の準備中。

 

PCRやオンライン=テレワーク=リモート施設

災害時の避難所や救助ヘリ・移送ヘリ

アビガンetc…の薬etc…拡充・拡大。

 

新CMなど、続々放送開始。

新作や新メニュー,期間限定品、続々販売開始。

 

⑦人助けや動物助けで表彰される仲間の方多数。

 

殺人や性犯罪とかの犯罪者全員死刑執行された。

 

 

etc…色々ありました、とさ(⑅•ᴗ•⑅)

 

Storia dei sogni(690)

f:id:musetta-610:20220519013313j:image

 

12月13日は

彼女(♥崔岩光(サイ・イエングアン)様♥)

彼女の愛犬,マエストロ(西本智実先生)

マネージャー先生,事務局のお姐様方

アーティストの方々,合唱指導&伴奏の先生方

合唱仲間の皆様

etc…が出て来た꒰* ॢꈍ◡ꈍ ॢ꒱.*˚‧

 

 

6月27日~6月30日の間は


私も,彼女も,皆様も,それぞれ

仕事したり,自主練したり

テレビやラジオの収録

雑誌の撮影やインタビューetcの仕事もしたり

中には

美術館でのナビゲーターやってる人や

本を出版している人,個展開いてる人

美術館や博物館に出展している人

イベントetc…で司会やってる人etc…も居たり


春梅や秋菊,桂姐は学校行ったり


モリアムさん達や月娘さん達は

仕事や合唱等の合間に色々な事を勉強したり


私やモリアムさん達,他の仲間の方数名

声楽やピアノレッスンetc…受けたり


彼女やマエストロらと

コンサートの打ち合わせやリハしたり

お茶や食事,飲みにも行ったり


合唱仲間の皆様etcと皆で集まって

リハしたり

合唱指導&伴奏の先生方の公演鑑賞したり


彼女やモリアムさん達,月娘さん達と一緒に

ホットヨガや脱毛エステ,お茶,食事

飲みに行ったり


etc…といった感じで

私も,彼女も,他の皆様も、それぞれ

色々と充実した・楽しい日常を過ごす夢で

すごく楽しかったです(୨୧ ❛ᴗ❛)✧

 

Storia dei sogni(689)⑥

f:id:musetta-610:20220519010316j:image

 

解散後

錦糸町東武ホテル内のバーへ移動し

お喋り&写メ大会したり,食べたり,飲んだりして

かーらーのー

帰宅し

お風呂やSNSなど、いつも通りの夜を過ごして

かーらーのー

彼女のベッドへ移動し,彼女に子守歌を歌って貰って

彼女と一緒に,彼女のベッドで(ρω*)ノ~オヤスミ

 

 

てな感じで、色々有りつつも

すごく楽しかったです(ू•‧̫•ू⑅)

 

Storia dei sogni(689)⑤

「アレ、もう嫌なんですけど…

    一体何なんですか…アレ…」

ガタガタ震えて,泣き出しながら。

※ちなみに、アレとはスミスの事。

事務局のお姐様A「そうよね…」

私の背中を擦りながら。


その時に

彼女,彼女の愛犬,事務局のお姐様Dが迎えに来て

車へ。


彼女「歌恋ちゃん…?大丈夫…?」

私「…」

泣きながら,首を横に振った。

彼女「そうよね…」

私の身体を抱き締めながら。

事務局のお姐様A

「スミスと一緒だったから、無理も無いよね…」

事務局のお姐様D「えぇ…」


事務局のお姐様A

「スミス、歌恋さんにネチネチ絡んでいて

    スミスのマネージャー止めなかったし…」

彼女,事務局のお姐様D「えっ…!」

事務局のお姐様A

「歌恋さん…スミスに対しては

    暴言や冷やかし,からかいという形で

    悪態つきながら返してはいたけど…

    本当は、すごく

    怖がっていました…怯えていました…

    泣きそうな顔しながら震えていました…」

彼女

「今日も、そうだったのね…

    昨日も、そうだったみたいなの…

    昨日の事は、S藤さんから聞いたの…」

事務局のお姐様D

「こないだ目黒や原宿のブタカフェの時も

    そんな感じでした…」

彼女「そうね、そう言っていたわね…」


たくさん泣いて

彼女や事務局のお姐様A&Dに慰められて

落ち着いて

かーらーのー

彼女「今日、ありがとうございます…(*´∀`*)」

私「ありがとうございます…(* ^O^ *)」

事務局のお姐様A「いえいえ、こちらこそ(๑^ ^๑)」

かーらーのー

解散。

 

Storia dei sogni(689)④

番組終了後、解散。


私「やっと終わった…長かった…」

事務局のお姐様A「お疲れ様…( ´^o^` )」

「あのサカリのついた,万年発情期の

    変態カバなんかとは、もう当たりたくない…

    あのサカリのついた,万年発情期の

    変態コウモリなんかと一緒は、死んでも嫌…

    あのサカリのついた,万年発情期の

    変態バイソンなんかと一緒になるの

    今日が最後だったら良いのに…」

スミスの方を指さしながら。

事務局のお姐様A「そうね…」


スミス

「聞こえてますよ、歌恋さん

    また、わざと聞こえる様に言ってますね?

    しかも、指をさしながら…」

「げっ…マジうぜぇー…マジめんどくせぇー…

   マジレスして,ウザ絡みして来んじゃねーよ…

   ウザイからマジで死ねよ…

   サカリのついた,万年発情期の変態メスゴリラ…」

事務局のお姐様Aの後ろで

舌打ちして,中指立てながら。

スミス

「随分…口が減らないのですね、貴女は

   私に対しては、口が開けば悪口ばかり」

溜息ついて,ニヤニヤ笑いながら。

事務局のお姐様A

「誰のせいでそうなったと思っているのかしら?」

スミスを睨み付けながら。

「そーだそーだ、テメーのせいじゃ、クソが

    テメー以外、誰が居るんだ、このバーカ

    さっさと帰れや

    このサカリのついた,万年発情期の

    変態メスブタが、つか…さっさと失せろカス」

事務局のお姐様Aの後ろで中指立てながら。


暫く揉めた後

スミスとスミスのマネージャーは帰って行った。

 

Storia dei sogni(689)③

ポカリ飲んで,落ち着いて

かーらーのー

銀座線沿線内の人気グルメとスポット巡り開始。


全駅の人気グルメ巡りしながら


日本橋

高島屋コレド日本橋日本橋クルーズ


三越前

三越コレド室町アートアクアリウム

三井記念美術館,三重テラス,日本橋三越タワー

永谷お江戸日本橋亭


(神田)

神田駅西口商店街,マーチエキュート神田万世橋

丸石ビルディング


末広町

神田神社アーツ千代田3331

3331 Arts Chiyoda


上野広小路,上野,稲荷町

鈴本演芸場松坂屋アメ横

東京藝術大学大学美術館,台東区下町風俗資料館

不忍池上野の森美術館,西洋美術館

東京都美術館東京文化会館上野動物園

国立科学博物館東京国立博物館上野東照宮

五重塔,旧石崎邸庭園


田原町,浅草)

浅草神社浅草寺,浅草仲見世通り

浅草伝法院通り,浅草演芸ホール浅草東洋館

木馬亭浅草花やしき,まるごとにっぽん

東京おりがみミュージアム,EKIMISE

台東区立浅草文化観光センター

 

Storia dei sogni(689)②

私「…」

事務局のお姐様A「大丈夫…?」

私「正直…だいじょばない、ですね…」

事務局のお姐様A「そうよね…」

私「スミスなんか、本当に嫌なのに…」

事務局のお姐様A「そうね…」


そして、日本橋駅到着。


スミス

「今日も宜しくお願いしますね、歌恋さん」

ニヤニヤ笑いながら。

私「げっ…ウザっ…」

事務局のお姐様Aの後ろに隠れながら

親指を下に向けた。


スミス

「第一声がそれですか?

    挨拶ぐらいなさったらどうですか?歌恋さん」

溜息ついて

ニヤニヤ笑いながら,私の顔を覗き込んで

私の方へ手を伸ばして来た…。

「…!冗談じゃない…!誰がお前なんかに…!

   ジロジロ見るな…!触るな…!

   バイ菌とバカと変態と発情期とヤンデレ

   メンヘラとサイコパスとストーカーがうつる…!」

事務局のお姐様Aの後ろで

スミスの手を振り払い,視線そらしながら

中指立てながら,ボロクソ言った。

スミス

「随分な言い様ですね、歌恋さん

    動物扱いやゴミ扱いの次は

    バカ扱いやバイ菌扱い,変質者扱いですか?」

ニヤニヤ笑いながら,私の手首を掴んで来た…。

私「…!」

事務局のお姐様A

「スミス、いい加減にしなさいよ…!?

    この子が嫌がっているの、まだ分からないの…!?」

スミスの手首を強く掴み,スミスを睨み付けながら。

スミス

「はいはい…分かっていますよ、ごめんなさいねぇ」

ニヤニヤ笑いながら,私の手を掴んで来た手を離し

事務局のお姐様Aの手を振り払った。

事務局のお姐様A「…」

スミスを睨み付け,手をワナワナ震わせながら

歯をギリッと言わせていた。


事務局のお姐様A「ねぇ…大丈夫…?」

私の顔を覗き込みながら。

私「はい…すみません…」

ガタガタ震えながら。

事務局のお姐様A「良いのよ…」

私の背中を擦りながら

事前に買っていたペットボトルのポカリを

鞄の中から出して,渡して来た。

私「あ、ありがとうございます…」

 

Storia dei sogni(689)

f:id:musetta-610:20220518224144j:image

 

12月12日は

彼女(♥崔岩光(サイ・イエングアン)様♥)

彼女の愛犬,事務局のお姐様A&D

etc…が出て来た₍ᐢ⑅•ᴗ•⑅ᐢ₎

 

 

いつも通り

朝食や家事etc…済ませて

自主練したり,声楽レッスン受けて

かーらーのー

インターフォンの音「ピンホーン」

彼女「はーい(*´∀`*)」

事務局のお姐様A「歌恋さ〜ん」

事務局のお姐様D「崔先生〜」

私,彼女「おはようございます(´▽`*)」

事務局のお姐様B&C「おはようございます(^ ^)」

彼女

「S見さん、歌恋ちゃんを、お願いします(*^▽^*)」

事務局のお姐様A「はい(๑^ ^๑)」

事務局のお姐様D「崔先生、行きましょう( ^ω^ )」

彼女「えぇ(*^^*)」

かーらーのー

彼女「歌恋ちゃん、頑張ってね(*^-^*)」

私「はい…(*´ー`*)」

かーらーのー

私は、事務局のお姐様Aと一緒に電車で日本橋へ。

彼女は、事務局のお姐様Dと一緒に別の仕事へ。

 

Storia dei sogni(688)⑤

f:id:musetta-610:20220518213605j:image

 

銀座の東武ホテル(コードヤード)内のバーへ移動し

お喋り&写メ大会しながら

軽く食べたり,飲んだりして

かーらーのー

帰宅し

お風呂やSNSなど、いつも通りの夜を過ごして

かーらーのー

彼女のベッドへ移動し,彼女に子守歌を歌って貰って

彼女のベッドで,彼女と一緒に

(*˘︶˘*)オヤスミナサイ.。.:*

 

 

てな感じで、色々有りつつも

すごく楽しかったです(⑅•ᴗ•⑅)◜..°

 

Storia dei sogni(688)④

番組終了後、解散。


「明日も

    あのサカリのついた,万年発情期の

    変態ゴミババアと一緒とか…」

溜息つきながら。

事務局のお姐様B「そうね…」


スミス「歌恋さん、聞こえてますよ?」

ニヤニヤ笑いながら。

「ウザっ…あーハイハイ、そーかいそーかい

    で?わざと聞こえる様に言ったけど何か?

    何か問題でも,文句でもある?

    いちいちめんどくせぇんだよ、クソババア」

溜息ついて,ボロクソ言いながら,中指立てた。

スミス「別に問題も,文句なんてありませんよ」

ニヤニヤ笑いながら。

私「だったら、いちいちウザ絡みすんな、バカ」

中指立てながら。

スミス

「はいはい、ごめんなさいね

    明日も宜しくお願いしますね」

私「ウザっ…さっさと帰れや、ボケが」

溜息ついて,舌打ちして

しっしっ、と手で追い払う仕草をしながら。


スミスと,そのマネージャーは帰って行った。


私「スミスと一緒、嫌なのに…」

泣き出しながら。

事務局のお姐様B「そうよね…」

私の背中を擦りながら。


その時に

彼女,彼女の愛犬,事務局のお姐様Cが迎えに来て

車へ。


彼女「あら、歌恋ちゃん…?どうしたの…?」

事務局のお姐様B「それが…」

事務局のお姐様Bが事情を話した。

彼女「スミスと一緒だったのね…」

事務局のお姐様C「それは、すごく嫌よね…」


たくさん泣いて

彼女や事務局のお姐様B&Cに慰められて

落ち着いて

かーらーのー

彼女「今日、ありがとうございます…(*⌒▽⌒*)」

私「ありがとうございます…(*´ω`*)」

事務局のお姐様B「いえいえ、こちらこそ(^v^)」

かーらーのー

解散。

 

Storia dei sogni(688)③

そして

銀座線沿線内の人気グルメとスポット巡り開始。


全駅の人気グルメ巡りしながら


(渋谷)

Bunkamuraオーチャードホール

Bunkamuraの美術館

PARCO,109,ヒカリエ,マークシティ

渋谷ストリーム,渋谷モディ


(表参道)

東急プラザ,表参道ヒルズ,Echika,根津美術館

岡本太郎記念館裏参道ガーデン

アニヴェルセル表参道


(外苑前,青山一丁目

ワタリウム美術館青山霊園神宮外苑銀杏並木

パサージュ青山


赤坂見附

東急プラザ,プルデンシャルタワー


溜池山王

日枝神社,国会議事堂,赤坂サカス,TBS

赤坂Bizタワー赤坂ACTシアター


虎ノ門

大倉集古館,日本の酒情報館,虎ノ門横丁

虎ノ門ヒルズ,旅する新虎マーケット


(新橋)

新橋演舞場,イタリア街,汐留シティセンター

カレッタ汐留,パナソニックの美術館

旧新橋停車場鉄道歴史展示室


(銀座)

歌舞伎座,ギンザ・グラッセ,PUZZLE GINZA

キラリト,GINZA PLACE,ベルビア館

マロニエゲート,東急プラザ,GINZA SIX,三越


(京橋)

東京スクエアガーデン,京橋エドグラン

東京宝くじドリーム館,LIXILギャラリー

 

Storia dei sogni(688)②

私「…」

事務局のお姐様B「どうしたの?」

私「スミスじゃないと良いけど、と思って…」

事務局のお姐様B「そうよね…」

「スミスだったら最悪なんですけど…

    スミスだけは死んでも嫌ですよ…」

事務局のお姐様B「そうね…」


そして、渋谷駅前のハチ公の像のそばへ到着し

一緒に銀座線の沿線回る人と対面。


スミスだった…。


スミス「貴女でしたか、すごく嬉しいですよ」

ニヤニヤ笑いながら。

「げっ…

   サカリのついた,万年発情期の変態女狐かよ…

   マジ最悪…」

事務局のお姐様Bの後ろに隠れながら

親指を下に向けた。

スミス

「またですか…?貴女は

    私と分かった途端、それなんですね」

溜息ついて

ニヤニヤ笑いながら私の顔を覗き込んで来た…。

「いやらしい目でジロジロ見んな、キモイんだよ

    このサカリのついた,万年発情期の変態古狸が」

事務局のお姐様Bの後ろで視線そらしながら

中指立てた。

スミス「はい?何ですって?歌恋さん」

ニヤニヤ笑いながら。

事務局のお姐様B

「ちょっと、やめなさいよ

    この子、嫌がってるでしょう?」

スミスを睨み付けながら。

スミス「はいはい、分かりました…ごめんなさいねぇ」

ニヤニヤ笑いながら。

事務局のお姐様B「…」

スミスを睨み付けながら

歯をギリッと言わせていた。

 

Storia dei sogni(688)

f:id:musetta-610:20220518154633j:image

 

12月11日は

彼女(♥崔岩光(サイ・イエングアン)様♥)

彼女の愛犬,事務局のお姐様B&C

etc…が出て来たଘ(੭ˊ꒳​ˋ)੭✧

 

 

いつも通り

朝食や家事etc…済ませて

自主練したり,声楽レッスン受けて

かーらーのー

インターフォンの音「ピンホーン」

彼女「はーい(*´∀`*)」

事務局のお姐様B「歌恋さん」

事務局のお姐様C「崔先生」

私,彼女「おはようございます( *´꒳`*)」

事務局のお姐様B&C「おはようございます(^ω^)」

彼女「S藤さん、歌恋ちゃんを、お願いします´`*」

事務局のお姐様B「はい(๑˙╰╯˙๑)」

事務局のお姐様C「崔先生、行きましょう(-^〇^-)」

彼女「えぇ(´∀`*)」

かーらーのー

彼女「歌恋ちゃん、頑張ってね(*^^*)」

私「はい(*´▽`*)」

かーらーのー

私は、事務局のお姐様Bと一緒に電車で渋谷へ。

彼女は、事務局のお姐様Cと一緒に別の仕事へ。

 

Storia dei sogni(687)③

f:id:musetta-610:20220518131228j:image

 

その後

シャワー浴びて(身体だけ洗って)

かーらーのー

自主練したり

お喋り&写メ大会しながら、お茶して

かーらーのー

彼女や彼女の愛犬,事務局のお姐様Eが迎えに来て

赤坂へ移動し

月娘さん達も含む合唱仲間の方数名や

他の事務局のお姐様方,リザと合流し

休憩挟みながらCM撮影し

その後,六本木へ移動し

エストロや他の合唱仲間の皆様らとも合流し

休憩挟みながらCM撮影して

かーらーのー

CM撮影終了後、リザは

迎えに来たリチャードやスミスと一緒に帰って

かーらーのー

ANAホテル内のバイキングレストランへ移動し

集合写真撮って

お喋り&写メ大会しながら夜ご飯食べて

かーらーのー

解散し,帰宅し

お風呂やSNSなど、いつも通りの夜を過ごして

かーらーのー

(*˘︶˘*)オヤスミ~。.:*♡

 

 

てな感じで、すごく楽しかったです◝(⑅•ᴗ•⑅)◜..°

 

 

追記


月娘さん達も、私達と一緒に

沖縄を、すごく

楽しんでいたのと気に入っていた(❀⌒▽⌒)✾✾✾