〜Fresh greenの日記帳〜

音楽の事や旅行の事,ファッションの事,グルメの事など、マイペースに・ありのままに綴っています♪

Storia dei sogni(442)⑨

スミス

「そうですねぇ…

    貴女の身体、もっと

    見たいし,美味しくいただきたいから

    そうしましょうか…フフフ…」

(ニヤニヤ笑いながら

    私のパジャマのボタン全部開けながら)

私「お願い…やめて!!いやぁぁぁぁぁっ!!」

(泣き叫びながら)


スミス

「あら、可愛い下着…

    すごく可愛いですよ…すごく良いですよ…

    そそられてしまうじゃないですか…」

(ニヤニヤ笑いながら

    何度も,無理矢理

    私の胸や股の間,お尻を触って来た…)

私「もうやめて…!!お願い…」(泣き叫びながら)


その後

スミスは、何度も,無理矢理、色々な事をして来た…。

(私の肌着やブラを捲り上げたり

   私のパジャマの袖やパンツをズリ下ろしたり

    私の胸や股の間,お尻に顔をうずめたり

    私の頬や全身を

    触ったり,舐めたり

    音を立てながら

    キスしたり,口の中に含んだり,吸い付いて来たり

    私の身体の中に&身体の中の奥まで

    指や舌を入れて

    私の身体の中&身体の中の奥まで

    掻き回したりして来た…)


何度も泣き叫んでも、中々やめてくれなかった…。