〜Fresh greenの日記帳〜

音楽の事や旅行の事,ファッションの事,グルメの事など、マイペースに・ありのままに綴っています♪

Storia dei sogni(387)⑥

f:id:musetta-610:20210528231024j:image

 

夜ご飯の後、解散し,部屋へ(⑅•ᴗ•⑅)


「コンコン」

彼女「はーい、どうぞ」


モリアムさん達,ソプラノのリーダーA&B

アルトのリーダー,関西拠点の合唱指導の先生方

関東拠点の女性の合唱指導&伴奏の先生方先生

ソプラノのメンバー11~15&17~20&22&23&45~47

アルトのメンバー4,5が部屋に来た。


モリアムさん達と一緒に

彼女らにスミスの事を話した…。


関西拠点の先生(アルトの先生)「許せないな…」

関西拠点の先生(ソプラノの先生①)「そんな事が…」

関西拠点の先生(ソプラノの先生②)「何て事…」

アーティストの方(アルトの方①&②)「酷い…」


その時に

過呼吸起こして,彼女に対処して貰ったり

たくさん泣いて,彼女に慰められたりもした。


落ち着いてから、暫く経った頃に

モリアムさんらは部屋へ帰って行き

お風呂やSNSなど、いつも通りの夜を過ごして

(*˘ ˘*)おやすみなさいッ.。.:*ღ

 

 

2時間後

私「いやぁぁぁっ!!」

泣き叫びながら起き上がり

号泣しながら過呼吸…。


彼女

「…!?どうしたの…!?大丈夫…!?

   しっかりして…!!」

(身体を強く抱き締めながら,背中擦りながら)


「コンコン」

同じ階の部屋の方々が部屋や部屋の前に来て

(フルスコアの女性添乗員の方々

    女性アーティストの方々

    オケの女性メンバーの方々

    関西拠点の合唱指導の先生方

    関東拠点の合唱指導(女性)&伴奏の先生方

    ソプラノのリーダーA&B,モリアムさん達

    ソプラノのメンバー1~20&22~35)

彼女らに数名に対処して貰って

(彼女の愛犬や他の方々は

    不安そうに見守っていた…)

何とか落ち着いて…

(皆様、すごくホッとしていた)

スミスの事を話して

たくさん泣いて,彼女ら皆様に慰められた。


暫く経って

モリアムさんら皆様は部屋へ戻った後

彼女「さぁ、こっちへおいで^^*」

私「良いのですか…?」

彼女「良いのよ…(*^^*)」

私「はい…ありがとうございます…(*´∀`*)」

彼女のベッドへ移動し

彼女のベッドで彼女と一緒に寝る事に( ̄∇ ̄*)ゞ


彼女に子守歌を歌って貰って

かーらーのー

ヾ(*´・ω・`*)おやすみなさぁ~ぃ

 

 

てな感じで色々ありつつ…

すごく楽しかったです✌︎(𖦹⁍̴̛ᴗ⁍̴̛𖦹)✩°̥࿐୨୧