〜Fresh greenの日記帳〜

音楽の事や旅行の事,ファッションの事,グルメの事など、マイペースに・ありのままに綴っています♪

Storia dei sogni(372)

f:id:musetta-610:20210512081450j:image

 

5月9日は

彼女(♥崔岩光(サイ・イエングアン)様♥)

彼女の愛犬,マエストロ&マネージャー先生

彼女関連の方々も含む合唱指導&伴奏の先生方

事務局のお姐様,オケの皆様,合唱仲間の皆様

永井邦子さん,フルスコアの皆様出て来た꒰⑅•ᴗ•⑅꒱

 

 

いつも通り、朝食や家事etc…済ませて

この日も、朝から夕方まで仕事( •ॢ◡-ॢ)


(1回目の休憩の時)

この日も、いつも通り

私,モリアムさん,エリス,ボニータ,シェル

5人で一緒に休憩(✿╹◡╹)ノ

この日は、なだ万に行こうとしていたら…

モリアムさん「!!」

私「モリアムさん…?どうかしましたか…?」

モリアムさん「やっぱり他の店にしましょう…」

私,エリス,ボニータ,シェル「??」

キョロキョロしてみたら…

スミス,リザ,ジジイ(屋敷の主人)が居た…。

エリス,ボニータ,シェル「あっ!」

私「…!!」

モリアムさん「行きましょう…」

エリス「大丈夫…?」

私「えぇ…ありがとうございます…すみません…」

モリアムさん「良いのよ…」

エリス「あんな事があった後だから仕方ないわよ」

ボニータ「まだ、すぐには無理よね…」

シェル「すごく怖い思いしたんだもんね…」

私「ありがとうございます…」

予定変更し,中華料理屋へ移動し

お喋り&写メ大会しながら昼ご飯(✿ᴖ.ᴖ✿)

1回目終わって、戻る途中

モリアムさん

「また、スミスさんに何かされたりとかあったら

    2回目の休憩の時か,仕事終わった後か

   いつでも良いから、遠慮なく言ってね…」

エリス

「それと…崔先生には、一緒に言ってあげるから…」

私「はい、ありがとうございます…」

そして、それぞれ仕事へ(ㆁᴗㆁ✿)


(1回目の休憩の後)

暫くバタバタの後

本館1階の人通りが減って来た分

私が居るお店も含む本館1階の店

全体的に落ち着いて来たタイミングで

他の人達が休憩へ行っていて,私一人になった頃

店の様子をチラチラ見ながら、作業していると…

私の肩や腕を掴んで来たり

私の耳元で

「今日も、お疲れ様。頑張っているのですね。

    今、一人なのですか?」

と言いながら

私の頭や顔,首,肩,腕を触って来た人が居て

まさか…と思っていたら、そのまさかだった…。

スミスだった…。

ニヤニヤしながら

私の頭や顔,首,肩,腕,手を触りながら

私の顔を覗き込んで見ていた…。

あと、リザも居た…。

私「…!!」

リザ「ちょっと、スミス…」

スミス

「あら、びっくりさせてしまいましたか?

    ごめんさないね、つい…」

私「い…いえ…」(←※仕事中の為、とりあえず…)

スミス「そうですか」

私「えーと…あの…今日は…?」

スミス

「リザが香水も見てみたいって言っていたので

    香水を見に来ただけですよ。

    気に入った物があれば買うつもりでもありますよ」

私「あ、ありがとうございます…」

なんだかんだで、暫く、スミスとリザの対応して

2人とも、気に入った物が見つかり,購入し

リザ「ありがとう!頑張ってね!」

スミス

「ありがとうございます。頑張って下さいね」

(私の髪や顔を触りながら)

満足しながら帰って行った。


(2回目の休憩の時)

この日も

トイレに駆け込んで,手を洗って

トイレから出た時、モリアムさん達が居て

モリアムさん達と一緒に屋上へ。

モリアムさん達にスミス達の事を話して

たくさん泣いて,モリアムさん達に慰められた。


(2回目の休憩の後)

それぞれ仕事へ戻り,またバタバタ(-ω-)笑

 

 

仕事終わった後

モリアムさん達と合流し

彼女&彼女の愛犬

エストロ&マネージャー先生とも合流し

羽田空港へ向かい

到着後

合唱仲間の皆様らとも合流し

集合写真撮って,買い物して

飛行機や空が見えるレストランへ移動し

集合写真撮って

お喋り&写メ大会しながら夜ご飯(✿。・v・。)